平成7(1995)年4月28日、当財団は高知県と高知市の共同出捐により、旧土佐藩主山内家に伝来した歴史資料・美術工芸品の保存と公開を目的として設置され、5月1日に鷹匠町に開館しました。
 平成7年以来、山内家から高知県へ、順次資料の移管が行われてきましたが、平成16年7月、約3万6千点の資料移管をもって、山内家伝来資料の全点、都合約6万7千点の高知県への移管が完了しました。
 当館では平成7年の開館以来、山内家伝来の貴重な文化財を未来へ確かに継承することを活動の基本とし、資料の整理保存・調査研究・展示公開・教育普及活動を行っています。
 また、山内家に限らず、旧土佐藩士の家や寺社に伝来した資料の寄託・寄贈もうけるなど、広く土佐の歴史資料を後世に伝達することにも努力しています。
沿革 [年表]
平成 6年12月 9日 山内家資料の保存に関する基本方針を山内家と高知県で合意
平成 7年 4月26日 高知法務局へ(財)土佐山内家宝物資料館設立の登記手続終了
4月28日 高知県教育委員会から(財)土佐山内家宝物資料館設立許可
出捐者及び出捐金
 高知県 7千万円
 高知市 3千万円
 役員 理事 7名
     監事 2名
     評議員 10名
 財団職員 4名 
4月28日 山内家から高知県へ資料の寄託を受ける
寄託資料内容:『土佐藩主山内家歴史資料目録』(高知県教育委員会、平成3年発刊)分
寄託開始:平成7年5月1日
5月 1日 山内神社と資料館の使用貸借契約の締結
5月 1日 高知県から財団へ資料の管理を依頼される。同日開館
平成 8年 4月 1日 松山尅太カに代わり筒井作カが館長代行に就任
平成 9年 4月 1日 山田一郎が館長に就任
平成13年 4月 1日 山本卓に代わり山田一郎が理事長に就任
平成16年 7月23日 山内家から高知県へ資料の移管完了
平成17年 4月 1日 山田一郎に代わり橋井昭六が理事長に就任
4月 1日 山田一郎に代わり渡部淳が館長に就任
4月 2日 (財)土佐山内家宝物資料館設立十周年を記念し、式典を開催
平成22年 1月26日 展示室改修のため、休館(平成22年9月30日まで)
4月23日 (財)土佐山内家宝物資料館設立十五周年を記念し、式典を開催
平成24年4月1日 公益財団法人へ移行
組織図 (平成25年5月現在)
| top |
公益財団法人 土佐山内家宝物資料館 〒780-0862 高知県高知市鷹匠町2-4-26 TEL/FAX 088-873-0406
Copyright(c)Tosa Yamauchi Family Treasury and Archives All Rights Reserved.