私立高校及び私立専修学校高等課程生徒の授業料軽減について

1.制度の概要

 愛知県内の私立高校又は私立専修学校高等課程(以下「学校」という。) の生徒の保護者や勤労生徒の負担を軽くするために、 学校が生徒からの申請に基づき授業料を軽減した場合はその軽減措置に必要な財源を財団が貸付けています。
 なお、制度は年度によって変更することがあります。
 以下は平成21年度の内容です。

平成21年度私立高等学校授業料軽減のお知らせ(PDF 82KB)

2.授業料軽減の対象

以下の要件を満たす方(授業料負担者)は、各学校の指定した期日までに授業料軽減の申請をしてください。
・県内の私立高等学校に9月1日以降在籍していること
・生徒及び授業料負担者がともに愛知県内に在住していること
・授業料負担者の所得が一定の基準以下であること(下記参照)

※なお、勤労学生は、愛知県内に勤務していれば対象となります。

3.申込書の入手方法・申込時期・申込場所

在学する学校から申請書を受け取ってください。
申込時期は、各学校の指定期日(6月下旬から7月上旬頃)です。
申込場所は、在学する各学校です。

※授業料軽減の具体的な手続きは在学する学校で行いますので、 日程等については在学する学校にお問い合わせください。

4.提出書類

・授業料軽減申請書
・生徒の授業料負担者の所得を証明する書類
  「私学助成用の所得証明書」(市町村税務担当課が発行する当年度のもの)
  又は
  「市町村民税の特別徴収税額の通知書」の写し※1
   (名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、豊田市については、
   市民税・県民税(普通徴収)の納税通知書※2でも可)
 若しくはこれに代わるものとして規定されたその事実を証明する書類を提出していただきます。

  ※1,2については、氏名、住所、課税標準額(総額)及び扶養の状況が分かる部分が必要です
   特別徴収税額通知書の見方(PDF 159 KB)
   課税証明書の見方(PDF 87 KB)  

※1 生徒の父母が授業料負担者で共に所得がある場合(配偶者が控除対象扶養者でない場合)は、 それぞれの所得を証明する書類が必要となり、所得を合算します。
※2 父母の一方が授業料負担者の場合は、 その方が生徒の税法上の扶養者であることを上記課税証明書等で明らかにする必要があります。
※3 市役所で所得の証明を受ける際には、必ず窓口で「私学助成用」と申し出てください。

目次に戻る

5.所得基準及び軽減額

次の甲T、甲U、乙T、乙Uの所得基準に応じて、 授業料の軽減措置が在学する学校において行われます。

(1) 所得基準

授業料負担者(基本的には所得税法上の扶養者)が次の甲T、甲U、乙T、乙Uのいずれかに該当すること。
※共働きの場合は夫婦合算となります。

甲T

生活保護世帯(要保護者を含む。)又は市町村民税非課税世帯

甲U

次のいずれか一つに該当
@市町村民税課税標準額(総額)が500千円以下の世帯(甲T該当世帯を除く。)
A国民年金法の規定により国民年金の保険料の納付を全額免除されている者
B児童扶養手当法の規定により児童扶養手当の支給を受けている者
C同一生計に属する者又は授業料減免等対象生徒が学校教育法(昭和22年法律第26号)の規定により 市町村から就学援助を受けている者又は受けていた者

乙T

次のどちらかに該当
@市町村民税課税標準額(総額)が2,300千円以下の世帯
A勤労生徒(私立高校は全日制のみ)で、市町村民税課税総所得金額が1,300千円以下の者

乙U

市町村民税課税標準額(総額)が4,100千円以下の世帯


甲T及び甲U区分の必要書類について補足

【甲T区分】
●生活保護世帯の証明:生活保護を受けていることを証する書類
 次のうちいずれか
  ・社会福祉事務所長が発行する証明書
  ・市町村長が発行する生活保護に基づく非課税証明書
●市町村民税非課税世帯の証明  次のうちいずれか
  ・課税証明書(所得割額・均等割額がともにゼロのもの)
  ・非課税証明書

【甲U区分】
●Aに該当する方:社会保険事務所長が発行する保険料の納付の全額免除を証する書類  (例)
  ・保険料免除が確認できる国民年金手帳など
  ・国民保険料免除申請承認通知書(有効期限に注意すること)
●Bに該当する方
   県知事等(市町村長)が発行する児童扶養手当証書
●Cに該当する方:
  ・市町村教育委員会若しくは学校長が発行する就学援助を受けていること
   若しくは受けていたことを証する書類
  ・市町村教育委員会が発行した就学援助の決定通知書
  
  (高校1年生の方)
   昨年度、生徒本人が中学校で就学援助を受けていたことを証する書類
  (高校1,2,3年生の方)
   今年度、弟妹が小・中学校で就学援助を受けていることを証する書類及び世帯の住民票
   


(2) 授業料軽減額(月額)

私立高等学校 私立専修学校高等課程
区分 1年生 2年生 3年生 区分 1年生 2年生 3年生
甲T 31,900円 31,900円 31,900円 甲T 29,800円 29,800円 29,800円
甲U 22,000円 22,000円 22,000円 甲U 19,900円 19,900円 19,900円
乙T 17,100円 17,100円 17,100円 乙T 15,000円 15,000円 15,000円
乙U 12,200円 12,200円 12,200円 乙U 10,100円 10,100円 10,100円

目次に戻る

財団のトップページに戻る