お念仏よろこぶ 輪光福祉会
シンボルマーク園名の由来

  『輪光』法輪の光、輝きおみのりの、み光と浄土真宗三部経の中に出てくる「無量寿」量ることのでき無い命)はかりしれない永遠のいのちの意を取り『おみのりの中でいつまでも喜びあう人生に』という想いから”輪光無量寿園”と名付けさせて頂きました。
輪光寺
シンボルマーク輪光福祉会シンボルマーク
シンボルマーク いつも元気で!
いつまでも元気で!の
「元」の字を人に見立て
心をもって接する! 
心と心のつながりを!

という意味でハートを描きました

シンボルマーク趣意書


 初代理事長が、輪光無量寿園設立時(1972年) の趣意書の中に「我が国の経済成長の基礎づくりをされた大事なご老人が、社会の片隅置き忘れたかのような状態で生活しておられる姿を見るとき、このままでは誠に申し訳ないことでありますので 国民の一人一人が この恩人の為に出来るだけの奉仕をすることが第一だと思うものであります。」 と書いておられる意をくみ、より快適な老人福祉施設(アメニティ)を見据えて輪光無量寿園は運営され、専門的サービスは言うまでもなく、地域高齢者の方々が安心できる生活の拠点となるべく日夜努力しております。
 また常々私は、ありがとうございます、おかげさまでという「報恩感謝の心」をモットーに輪光福祉会があると考えております。それは、入浴介助や食事介助などの身体的介護の上では勿論日々のふれあいの中で、してやるのでは無くさせて戴くという心と心のつながり、心的介護(心のケア)が、大切だということであります。介護保険の真に目指すところもここにあることでしょう。
 輪光福祉会は、浄土真宗本願寺派、輪光寺というお寺が母体となって運営される全国でも数少ない施設であります。心無き時代が叫ばれる今日こそ求められる福祉施設ではないでしょうか。
今後益々利用者の皆様、地域の皆様の快適な、そして心和やかな生活の一助になれるよう大切な一日この「今」を職員一同一丸となり努力精進してまいる所存であります。
事業主体
法人名 社会福祉法人 輪光福祉会
所在地 鹿児島県曽於市末吉町岩崎971番地1
電話番号 099−482−1047
代表者 理事長 山 内 大 宣
  主な沿革
昭和39年11月30日 社会福祉法人 輪光保育園設立認可(厚生省)
昭和47年2月3日 社会福祉法人輪光福祉会と名称変更
昭和47年2月25日 特別養護老人ホーム輪光無量寿園開園
昭和53年8月1日 在宅老人短期入所事業開始(特別養護老人ホーム輪光無量寿園)
昭和54年4月1日 特別養護老人ホーム輪光無量寿園入所定員変更(50名→55名)
平成11年8月31日 特別養護老人ホーム輪光無量寿園全面改築工事完成
平成11年11月26日 輪光無量寿園デイサービスセンター開始
平成12年3月22日 輪光無量寿園居宅介護支援事業所開始
平成12年4月1日 介護保険制度スタート
特別養護老人ホーム輪光無量寿園・輪光無量寿園デイサービスセンター
輪光無量寿園居宅介護支援事業所 各事業所介護保険指定事業所として事業開始
平成17年2月28日 特別養護老人ホーム輪光無量寿園完全個室増築工事(10床)完成
平成23年4月 特別養護老人ホーム輪光無量寿園増築工事(30床)完成