中年過ぎの人は、メタボリック症候群予防のため、からだを動かすこと
求められます
 
      

健康増進と体力維持のために、生涯にわたって、運動をするように呼びかけ
られています

健康スポーツ医師に運動処方を作成してもらったり、健康運動指導士や、スポーツ
インストラクターなどに体育ジムの利用法を教えてもらったりする人もいます。

スイミングスクールに通う人、アレイを用いた体操をする人、ラジオ体操をする人、
散歩やジョギングをする人もいます。リハビリテーションにも、楽しみながらできる
スポーツが利用されるように成ってきました。
 

      生活に運動を取り入れることは、食事をするのと同じぐらい大切な事です

その人にとって適切といえる運動量(運動所要量といいます)は、年齢、体力
体質によって異なります

持病のある人、病後の人は、医師に相談することが必要です。              

病気のない人が自分で判断する場合は、無理なく持続できるのが目安です。

頻繁に休むのでなく、休まなくても、ある程度の時間、継続できること、それと、歳を
とっても継続できることが大切です。

また、全身の筋肉や関節や神経、それに循環や呼吸の機能をバランスよく使って
鍛えるのが基本です。

トップページにもどる

はじめは無理なく実行して継続していくと、次第に上達して楽しく運動量をふやすことが
出来るのです。
  

歩くスキーは、冬の北海道で雪のあるところなら、手軽にできて、自分の体力、技量に
あわせて楽しめるスポーツです。

空き地や公園や校庭でも可能でしょう。寒いといっても、からだを動かすと暖かくなり、
汗をかかない程度に持続することも出来るし、早足で歩いたり、滑ったりすれば、
運動量をあげることもできます。
  

腕の力も使ってストックを力強く突いて滑れば、全身運動になります。持続した運動は、
からだの脂肪を落とし、筋肉の力や心肺機能をアップして、体力を維持し、若さを回復
してくれます

風が吹く日でも森に入ってしまえば木々が風を防いでくれます。風のない日は太陽の
光をあびるようにしましょう。時には、他人のペースに合わせて、交友を育てるのにも
役立ててください

仕事が忙しい人は、スポーツに時間がとれません、また、準備に時間がかからず、
楽しんで出来なければ長続きしません。短時間でも、そこそこの運動量が得られる
スポーツが望ましいので、そのように効果があがるように心がけましょう。

歩くスキーを楽しめる本

著者:浜島  泉 より

歩くスキーと健康